M&MX-PETG

PETG 接着剤の使用方法

PETGは、MakerBot Method(X)のグリップサーフェスに貼り付けることができません。これを印刷するには、付属の接着剤をグリップサーフェスに塗布する必要があります。接着剤はPVA接着剤で、万能接着剤とも呼ばれます。 接着剤を塗布する 接着剤を塗布する前に、グリップの表面がきれいであることを確認してください。表面は水(完全に乾燥)またはイソプロピルアルコール(70%)で洗浄できます。 グリップサーフェス全体に塗布する必要はなく、モデルが造形されるエリアのみに塗布して下さい。 パージタワーの 位置の下にも接着剤を必ず塗ってください。 グリップサーフェスに接着剤をたっぷり塗ってください。モデルとパージタワーが印刷されるエリア上へ、垂直方向に2往復するだけで十分です。 造形開始前には毎回接着剤を塗布してください。一旦造形した後は接着力が無くなってしまうからです。 ビルドサーフェスのクリーニング 約5回程度の造形で、接着剤は機能しなくなります。そこで、接着剤を再度塗布する前にグリップサーフェスをクリーニングする必要があります。 グリップサーフェスをクリーニングするには: ぬるま湯とハンドソープですすぎます 手、または柔らかいナイロンブラシで接着剤をこすり落とします(MakerBot Method(X)に付属のノズルクリーニングブラシは使用しないでください) グリップサーフェスとビルドプレートを完全に乾かします。スプリングスチールビルドプレートは完全に乾燥させないと錆びますのでご注意ください グリップサーフェス 、またはスプリングスチールビルドプレートの交換が必要な場合は、material@3d-printer.jp までご連絡下さい。

PETGについてのよくある質問

PETGはToughおよびPLAとどのように違いますか? PETGの機械的および熱的特性が改善されました。PLAおよびToughより高い熱たわみ温度があります(PETG:70°Cに対し、PLAやTough:約49°C)。また、PETGは耐薬品性と耐湿性が優れており、非常に耐久性があります。光沢のある仕上がりと優れた延性を備えています。 PETGは、ToughおよびPLAよりも強度と柔軟性が高く、造形時に無臭です。 PETGはどのような用途に使用すべきですか? エンジニアリンググレードの材料は、高度な摩耗、湿気、または化学物質に耐える必要がある機能的なプロトタイプまたは治具および最終用途部品に最適です。また、PLAやToughよりも高い耐熱性が必要な部品にも使用できます。材料の延性は、フィット部品、スナップフィットまたはリビングヒンジに適しています。 Speciality MaterialsとPrecision Materialsの違いは何ですか? MakerBot Precision Materialsは、METHOD用に開発された主要な材料であり、ほとんどのユースケースに対応しており、ほとんどのユーザーのデフォルトの選択肢として推奨されています。これらの材料は、最高の信頼性と測定可能な精度の部品について広範囲にテストされています。MakerBot Precision Materialsには現在、MakerBot Tough、MakerBot PLA、MakerBot PVAが含まれています。 PETGは、MakerBotのMETHOD用のSpeciality Materialsの新しいラインの最初の材料です。これらの新しい材料は、耐熱性、耐薬品性、耐久性の向上など、高度な材料特性を求めるユーザー向けです。特殊材料は基本的な印刷パフォーマンスで正常に造形するには、追加のワークフローが必要になる場合があります。たとえば、PETGでは、造形前にビルドプレートに接着剤を塗布する必要があります。 Speciality Materialsの造形性能は、Precision Materialsとどの程度異なりますか? MakerBot Precision Materialsは、最高の信頼性と測定可能な寸法部品の精度と再現性を維持するために広範囲にテストされ、調整されています。MakerBot Speciality Materialsもリリース前に内部テストを受けますが、同程度ではありません。また、同じ寸法精度基準に合わせて調整していません。また、正常に造形するには追加のワークフローが必要になる場合があります。たとえば、PETGでは、造形前にビルドプレートに接着剤を塗布する必要があります。 現在取り組んでいる他のSpeciality Materialsは何ですか? MakerBotはMethodの追加のSpeciality Materialsに取り組んでいますが、ロードマップの詳細についてはコメントできません。顧客へMethodの出荷を開始してからわずか2か月で新しいSpeciality Materialsを発売しました。これからも顧客に役立つ材料を積極的に提供していきたいと思っています。 Speciality Materialsには追加の作業ステップが必要ですか?PETGについてはそれはどの様な物ですか? PETGでは、造形前のビルドプレートに接着剤を塗布する必要があります。 MethodでABSを利用できるようになりますか? MakerBotはMethodの新材料の研究に取り組んでいますが、ロードマップの詳細についてコメントすることはできません。Method Xに関してはABSが使用できます。 PETGで印刷するときのエクストルーダの寿命はどれくらいですか? Performance Extruderに対しても同じ6か月の保証を提供していますが、Specialty Materialsの有効期間は公開していません。 PETGを印刷するとき、別のエクストルーダが必要ですか? いいえ、PETGはMethodの標準のModel Performance Extruderで動作します。 PETGスプールには接着剤が付いていますか? はい。付属されてきます。