MX-SR30

SR-30の使用法とベストプラクティス

SR-30とは何ですか? SR-30は、Stratasys®によって開発された独自の可溶性サポート材であり、独自の接着特性により、ABSと非常によく機能するように最適化されています。Support 2XAエクストルーダを使用するMakerBot METHOD X 3Dプリンターと互換性があります。単に水溶性であるPVAとは異なり、SR-30は溶解のために追加の機器を必要とします。 どのような機器が必要ですか? 熱と循環機能をもつ循環タンク Ecoworks™洗浄剤タブレット その他の機器 安全手袋 防滴安全ゴーグル ステンレス製のトング ステンレス製のストレーナー 循環タンク 推奨される循環タンク: SCA-1200HT CleanStation DT3 循環タンクは、浸漬された3Dプリントの周囲に溶液の水と洗浄剤を加熱して循環させ、部品からサポート材料(この場合はSR-30)を効率的に溶解します。加熱された循環タンク(または同様の機器)を使用しないと、支持材料を溶解するのは非常に困難であり、言うまでもなくかなり時間がかかります。 注意:部品が溶液に完全に浸かっていることを確認してください。部品が完全に浸漬されていない場合、または溶液に出入りするように「揺れている」場合、部品が割れることがあります。これは、小さな部品にとって特に重要です。 温度 SR-30の溶解には、70〜75°C(158〜167°F)の水温が最も効果的です。75°C(167°F)を超える温度では、部品が歪むことがあります。温度が70°C(158°F)より低い場合、溶解時間は長くなります。 注:タンクの温度を指示された温度よりも高く設定または高くすると、造形された部品が損傷する可能性があります。 Ecoworks™洗浄剤タブレット Ecoworks™洗浄剤は、可溶性サポート材であるSR-30サポート材を除去するように設計されています。洗浄剤は、ユーザーフレンドリーで環境に優しい(pH 9.8)です。Ecoworksはタブレットまたはパケット形式で提供され、使用方法はタンクのタイプによって異なります。 Ecoworksタブレットには以下の2種類があります。濃度が異なりますので、購入まえにご確認ください。 300-00103: AサイドとBサイドのパケットとして届きます。A側には3つのポッドがあり、B側には2つのポッドがあります。Ecoworksソリューションの完全なパケットのすべてのAポッドとBポッドを解決します。2ガロン(7.5リットル)の水ごとに1つの完全なパケットを使用する必要があります。 300-00104: 単一のプレミックスタブレットとして提供されます。1ガロン(3.8リットル)の水に対して1つのタブレットを使用する必要があります。 Ecoworksタブレットは、洗浄剤を取り扱う際に個人用保護具が必要ないように設計されています。 ただし、MakerBotは、Ecoworksタブレットおよび溶解したEcoworksソリューションを取り扱う際には、安全手袋と防滴安全ゴーグルを使用することをお勧めします。 Ecoworks安全ガイドライン Ecoworksおよびサポートクリーニングシステムを使用する場合は、次の安全ガイドラインに従ってください。 製造元の操作および安全に関するドキュメントに従ってください。操作前にクリーニングシステムを適切かつ安全に使用する方法を理解してください。 安全慣行に関する会社および地域の規制法に従ってください。 地域に適した電圧範囲が選択されていることを確認してください。複数のデバイスでコンセントを過負荷にしないでください。 操作する前に、システムの重量を支えることができる平らで安定した表面にシステムを置いてください。 システムがしっかりと接地されていることを確認してください。システムを接地しないと、感電、火災、電磁干渉の影響を受けやすくなります。 付属の電源コードのみを使用してください。電源コードを傷つけたり、切ったり、修理したりしないでください。損傷した電源コードは、火災や感電の危険があります。損傷した電源コードを認証済みの電源コードと交換します。 システムの内部部品に金属や液体が触れないようにしてください。破損、火災、感電、またはその他の重大な危険を引き起こす可能性があります。 その他の推奨機器 MakerBotは、サポート除去溶液のため次の機器の使用を推奨します。 安全装置 安全手袋 高温、防水、耐薬品性。 防滴安全ゴーグル ステンレス製のトング 熱い溶液から大きな部品を取り除くため。 ステンレス製のストレーナー ステンレス製のバスケットに小さな部品を保持するため。 使用済みのサポート除去溶液はどのように処分すればよいですか? SR-30サポート材の廃水プロファイルを利用できます。このプロファイルは、使用済みのEcoworks溶液を同量の淡水で希釈したものに基づいています。たとえば、4ガロン(15リットル)の使用済み溶液を廃棄する場合は、4ガロン(15リットル)の淡水で希釈します。廃棄に許容されるpHレベルについては、地域、州、および/または国際的な規制法を確認してください。 廃棄手順については、お住まいの地方自治体の取り決めに従って処分して下さい。MakerBotは、地方、州、または国際的な規制法を予測できません。溶液が適切に処理および廃棄されない場合、MakerBotは一切の責任を負いません。場合によっては、使用済み溶液の廃棄方法を文書化する必要があるかもしれません。 […]